数値シミュレーション

数値シミュレーションは、物理システムの数学的モデルを実装するプログラムに従ってコンピュータ上で実行される計算です。ほとんどの非線形システムと同様に、数学的モデルが解析ソリューションを提供するには複雑すぎるシステムの動作を研究するため、数値シミュレーションが必要です。

VO(ブイオー)は実際にZemax OpticStudio光学解析ソフトウェアと一緒にMATLABプログラミングで独自のアプリケーションを構築し、お客様の要求に、可能な限り、高精度で提供します。

光学特性

VO(ブイオー)は、IOL屈折力計算、度数分布計算、IOLのその他の標準的な光学特性などの解析ができます。

波面収差、ゼルニケ係数、2次元ストレールレシオ(Strehl ratio)、point spread function (PSF)、modulation trasfer function (MTF)、及び他の複雑な解析も実施できます。

網膜イメージング

網膜像シミュレーションは、眼球系の光学的品質を理解する最も簡単な方法の1つと考えられます。得られた画像は、光学設計に直接関連します。シミュレーションにおける、Stiles-Crawford効果(コーン光受容体の指向性感度を意味する人間の目の特性)及び目の神経感知機能を考慮することが可能となります。これらは、私たちのシミュレーション結果を実際の人間のビジョンに近づけていきます。

演色性

水晶体の性質、網膜の感度や網膜の性質は年齢とともに変化します。短波長が網膜に照射することにより、中程度の年齢の患者の網膜損傷に寄与する可能性があると考えられています。

現在、黄色着色IOLは、青色光をブロックすることで、網膜損傷を避けることができると言われています。黄色着色IOLに関する臨床研究は、視力及びコントラスト感度に有意差がないことを示しています。

VO(ブイオー)は、この黄色着色IOLによる色の変化の影響をシミュレートすることができています。我々は、標準的なカラーレンダリングインデックスを使用し、分光透過率データに基づいてRa値を算出します。

両眼視

神経学者Manfred Fahleは、ただ一つではなく二つの目を持つという6つの具体的な利点を述べています。
  • クリーチャーが傷ついた場合に備えて予備の目を与えます。
  • より広い視界を与えます。
  • 頭の2つの目の異なる位置によって提供される両眼視差(または視差)が正確な深さ知覚を与える立体視を与えることができます。
  • 両眼の画像から眼の角度(互いに対して)(輻輳)、及び特定の物体(視線の角度)に対するそれらの線を決定することを可能にします。
  • 生き物が障害物の背後にある物体の多く、またはすべてを見ることを可能にします。
  • 両眼の助け合いで、物体を見るときに強化されることを与えます。

私たちの知識に基づいて、両眼の加算技術は未だに受け入れられていません。いくつかの概念が提案されましたが、これらの概念はすべて実証されていません。VO(ブイオー)は、両眼の総和をシミュレートするための異なる概念を持っていますが、このコンセプトは検証中です。コラボレーションや資金調達の形を問わず、この研究のサポートをお待ちしております。

サービス内容
光学設計と解析
数値シミュレーション
光学特性
網膜イメージング
演色性
両眼視
計測
新しいテクノロジー
研究開発
教育・講義

サイトマップ

プライバシーポリシー     |     Copyright © 2018-2019 VO. All Rights Reserved.